イベント

日本食文化会議2019石川

2019年12月7日(土)〜8日(日)
13:00〜17:30
ガーデンルーム、イベントホール

「食べるを伝える」

日本文化会議の全国大会として「食と工芸」をテーマに、シンポジウムや盛りだくさんの特別プログラムを石川県金沢市のしいのき迎賓館などで開催します。

【知る】
◆日本食文化会議2019石川 開催記念シンポジウム
食と工芸をテーマにシンポジウムを開催します。石川県を代表する伝統工芸作家らと日本食文化会議メンバーが、石川県の食と工芸について様々な角度から語り合うパネルディスカッションが予定されています。
・日時/12月7日(土) 14:45〜17:30 ※開場14:00
・場所/ガーデンルーム(2階)

◎パネルディスカッション−第1部−
『食と工芸、つくる、つかう』
・日 時/12月7日(土) 14:45〜16:00
・出演者/十一代大樋長左衛門(陶芸家)、三代目西村松逸(漆芸)、伊藤まさこ(スタイリスト)、堀内議司男(茶道家、遠州流茶道壺中庵宗長)、沙和花(食卓スタイリスト、一般社団法人季の文化継承協会理事)
案内役:木村宗慎(茶道家、「芳心会」主宰)

◎パネルディスカッション−第2部−
『世界の食都をめざして』
・日 時/12月7日(土) 16:15〜17:30
・出演者/高木慎一郎(日本料理 銭屋二代目主人)、平出淑恵(酒サムライ、IWCのアンバサダー)、佐藤容紹(日本食文化会議理事、地域創生プロデューサー)、山上昌弘(ジャパンビアソムリエ協会代表、日本ドリンク協会代表)、宮川順子(㈳MIIKU本味育協会代表 味覚/調理理論 講師)
案内役:上杉孝久(日本食文化会議副理事長)

◆アフタヌーンティトーク
『金沢にはなぜ、和洋菓子の名店が多いのか?』
・日 時/12月8日(日) 15:30〜16:50
・場 所/ガーデンルーム(2階)
・出演者/西川開人(remref、パティスリーオフクシェフパティシエ)、並木麻輝子(料理ジャーナリスト、世界の郷土菓子の専門家)、石原麻貴(和菓子「あさ貴」主宰)
・募集人数/50名(予約制・当日参加可)
・参加費/4,000円(お菓子・飲み物付き)※サポーター倶楽部会員優待:3,600円

【味わう】
◆呈茶席
金沢城の石垣を一望する眺めのいいイベントホールにて、石川加賀の工芸と古美術を楽しみながら、特製の和菓子と抹茶をお楽しみいただけます。テーブルで楽しめる立礼式の呈茶席です。お気軽にお越しください。
・日 時/12月7日(土) 13:00〜17:00
・場 所/イベントホール(2階)
・募集人数/1日50名 ※予約不要
・参 加 費/1,000円

【観る】
◆展示イベント
『テーブルコーディネートに見る石川工芸の魅力』
和・洋の垣根を越えて、工芸のメッカ・石川県の工芸と食の魅力に出会う、洋のテーブルコーディネートと和のしつらえの最高峰を展観する展示イベントです。展示を担当される食環境プロデューサー木村ふみさんのトークショーも予定。
・日 時/12月7日(土)13:00〜19:00、8日(日)10:00〜16:00
・場 所/イベントホール&ガーデンルーム(2階)
・参加費/無料

◆展示関連トークショー
『和洋のしつらえとおもてなしの心』
食環境プロデューサー木村ふみさんによる、テーブルコーディネートの世界を紹介するトークショーです。茶道家の木村宗慎さんも和洋のしつらえについて実物を交えてお話を進めます。
・日 時/12月8日(日) 14:00〜15:20
・場 所/ガーデンルーム(2階)
・出 演/木村ふみ(食環境プロデューサー)、木村宗慎(茶道家、「芳心会」主宰)
・募集人数/50名 ※事前予約制、当日参加も可能。
・参加費/4,000円(お土産付き)※サポーター倶楽部会員優待:3,600円

■参加申し込み
ホームページからのお申し込みが便利です
〔オフィシャルサイト〕http://jfcf.or.jp/

■お問い合せ先
Tel 03-3222-0564(日本食文化会議)


【主催】一般社団法人 日本食文化会議
【後援】石川県
【会場】石川県政しいのき迎賓館、つば甚、金城樓、大友樓、成巽閣など



一覧に戻る
ページのトップへ ↑