イベント

しいのき初夏ジャズライブ

2011年7月10日(日)
@14:00〜 A15:00〜
石の広場
入場無料

屋外石の広場で即興JAZZ LIVE!

our communication space
七夜月、即興の昨夜 藤原大輔×沼直也

guest:砂子隆志 bass(モジョリズム)

想いの風がゆれている。
月夜の光にゆれている。

電子のゆらぎ。
空気のゆらぎ。

ゆれましょう。からだを。
うみましょう。こころを。



藤原大輔 tenor sax
'70年生まれ。'96年バークリー音楽院卒。
'97年に帰国後、ストリートセッションバンドphatを結成し、
ジャムバンドのムーブメントに乗り活発に活動。
エフェクテッド・サックスに加え、クラブカルチャーに触発され、
サンプラーやリズムマシン、アナログ・シンセサイザーなどの電子機器を
インプロヴァイズするための楽器として積極的に導入するようになる。
'03年の解散まで5枚のアルバムをリリース。その後もソロとして活動を
続ける間にデトロイト・テクノのアーティストと親交を深め、
JEFF MILLSやUNDER GROUND RESISTANCEと活動を共にする。
'04年にエレクトロニックを用いる音楽活動の名義としてquartz headを立ち上げる。
http://www.fujiwaradaisuke.com/


沼直也 drums
1971年山口県出身。14歳より独学でドラムを始め、
高校卒業後ジャズドラマー・ジョージ大塚氏に師事。
その傍ら音楽専門学校に通い、アメリカ留学の後、
1998年友人のサックスプレーヤー藤原大輔とストリ
ートバンド「Phat」結成。2002年に東芝EMI blue note
レーベルよりメジャーデビュー。二枚のアルバムと
一枚のマキシシングルを発表の後解散。その後、
ストリートライブをメインに打楽器だけのパーカッ
ションセッションを行ったり、スタジオワークやライブ
サポートなど幅広く活動。現在、加藤登紀子のレコー
ディング・ツアーサポート、 桑山哲也のレコーディング、
F.I.B Journal、STOUTのメンバーとして活動中。
http://blog.livedoor.jp/numakatche/







一覧に戻る
ページのトップへ ↑