イベント

加賀象嵌の小宇宙

2010年12月8日(水)〜26日(日)
10:00〜17:00
ギャラリーA

人間国宝中村衛、金沢が誇る現代加賀象嵌作家の作品をご覧ください。

【イベントページ】
(財)宗桂会特別企画展 「加賀象嵌の小宇宙」
10:00〜17:00
ギャラリーB
人間国宝中村衛、金沢が誇る現代加賀象嵌作家の作品をご覧ください。(太字)

人間国宝の中川衛先生を筆頭に、金沢の誇る現代加賀象嵌作家 坂井貂聖氏、村上浩堂氏の作品や、山川孝次(一代〜三代)の作品を中心とした江戸時代からの加賀象嵌作品を展示します。
18日、19日には、加賀象嵌と音楽をコラボレーションした“ツル  ノリヒロ氏のミニライブ”を行います。

【象嵌とは】
金属、陶磁器、木材などに模様を刻み込み、そこに金銀その他の材料をはめ込んで装飾を施す技法のことを「象嵌」といいます。金属象眼は彫金技法のひとつとして重要な表現方法で、加賀象嵌の主流をなす「平象嵌」をはじめ、いろいろな象嵌技法があります。

加賀象嵌と音楽のコラボレーション「小宇宙」 
しいのきプラザ(入場無料)
12月18日(土)11:30〜、15:30〜、
出演者:ツルノリヒロ(Violin)/Ayako(Cello)/永島広(Guitar) ミニライブ
12月19日(日)11:30〜 
出演者:ツルノリヒロ(Violin)/永島広(Guitar) ミニライブ


一覧に戻る
ページのトップへ ↑