イベント

冬を装う
〜パリで活躍するデザイナー 5人展〜

2019年12月5日(木)〜8日(日)
10:00〜17:00
ギャラリーB
入場無料

Miki Mialy(パリ在住30年、ファッションデザイナー)
淡路島出身。日本でデザイナー活動後、89年渡仏。92年ブランド「Miki MIALY」設立。02年パリの最先端文化地区にブティック開設。15年パリ国立美術館主催「パリ・モード界で活躍する外国人デザイナー歴史表」にブランド掲載。17年NHKで特集放映、JAL国際線季刊誌、フランス専門誌「ジャポン」誌初版号で特集されるなど、パリで30年近く注目される日本人デザイナー。

キリコ・サトウ(パリ在住11年、帽子作家)
名古屋出身。08年渡仏。アリアンスフランセーズ、ソルボンヌ大学仏文学コース卒。ギャラリー・ラファイエットクリスマスウインドーでBloom Roomとコラボ、ビデオクリップ及びテアトル用衣装制作に参加。13年ブランド「Kiriko Sato」、16年「K.S.Creative」設立。ファッション、アートを発信する。

岡本 光平(2018年6月パリにショップ開設、バッグデザイナー)
京都出身。バッグデザイナーに師事後、05年独立「KOUHEI OKAMOTO」設立。09年特許取得「縫える木材」を使用した「コウヘイ・オカモト」を企画発売。13年 ファッションプロデューサー松川昌起氏とブランド「デューレン」設立。16年日本グッドデザイン賞、イタリアA’デザインアワード、ブロンズ賞。17年IFデザインアワード受賞。

ヒロコ・オオモリ(パリ在住25年、ジュエリーデザイナー)
埼玉県出身。93年渡仏。歴史あるジュエリー工房で経験を積み、98年アクセサリーブランド「ORNER」設立。その後20年、パリの展示会出展、ブティック兼アトリエでデザイン、販売を続ける。異素材、色、ディテールにこだわり、ファッションを引き立てるアクセサリーは国内外から注目されている。

Ayumi Shibata(パリ在住2年半、切り絵作家・会場インスタレーション)
横浜出身。07年N.Y.留学、国立アカデミーで版画、マルチメディアを習得。15年パリに移住。フランス最大のペーパーアーキテクト会社の後援を受け、4mの大型作品展示他、多数の展示を行う。18年からは横浜を拠点として活動中。イタリア・ミラノマルペンサ空港で作品展示、ドイツ国際ペーパーアートトリエンナーレで入選。


【主催】ギャラリー 森と人と

<お問い合せ先> 090-2614-0543(近田)



一覧に戻る
ページのトップへ ↑