イベント

池田大作と中国展

2011年7月22日(金)〜8月3日(水)
10:00〜21:00(初日は13:00開場、最終日は18:00閉場)
ギャラリーA・B
入場無料

理解・友誼・平和

 中国人民は、池田大作氏を「老朋友(古くて親しい友人)」と呼びます。
1960〜70年代、中日友好の夜明けに、多くの日本の人士が困難な状況下、両国の関係改善に尽力しましたが、池田氏もその代表的な一人です。
 1968年、池田氏は「中日国交正常化提言」を発表し、世論を喚起し、国交回復と平和友好条約締結への道筋をつくりました。まさに先見性に富んだ大智大勇の発言でした。
 池田氏が推進した民衆間の文化・教育交流の幅の広い事業は特筆に値し、周恩来、ケ小平、江沢民、胡錦濤といった我が国の歴代の指導者と友誼を結んでいる方も稀です。さらに、次代を担う多くの青年たちに友好の精神を伝え、誠実と信義を貫くことが、世々代々わたる崩れぬ中日関係の基盤であることを、自らの姿をもって教えています。
 互いに理解し合い、友誼を結び、ともに手を携え平和を目指す―
 中日人民の心と心に“金の橋”を築いた池田氏の軌跡を、ここに紹介します。


一覧に戻る
ページのトップへ ↑