しいのき迎賓館のご案内


ギャラリースケジュール

しいのき企画展

伝統の新たなる出会い
「九谷塾+」
〜九谷塾プロジェクト・3年間の軌跡〜
「新たな時を刻み始めた日本の美」
〜若手漆芸家による腕時計文字盤作品展〜

2011年4月9日(土)〜5月8日(日)10:00〜18:00
会場:ギャラリーA・B   入場料:無料
石川県の漆芸・九谷焼の若手作家の取り組みをご紹介し、それぞれ新たな出会いによって生まれた作品を展示します!
◆「九谷塾+」 会場:ギャラリーA
 3年間の活動の集大成として、メンバーの個々の活動と、様々な人と出会いと彼らとのコラボレーションが、新しい九谷焼の表現をいかにして可能にしてきたか、九谷塾は何を目指してきたかを伝えます。

◆「新たな時を刻み始めた日本の美と技」 会場:ギャラリーB
 2010年3月26日〜4月12日の期間、銀座天賞堂にて天賞堂創業130周年を記念し「若手漆芸家による腕時計文字盤作品展」が開催されました。直径32㎜の中で表現される伝統の技術や世界観、時計と漆との出会いをご覧ください。
伝統の新たなる出会い「九谷塾+」〜九谷塾プロジェクト・3年間の軌跡〜「新たな時を刻み始めた日本の美」〜若手漆芸家による腕時計文字盤作品展〜



石川県クラフトデザイン協会会員展
「和菓子と出会ういしかわのクラフト」展

2011年5月13日(金)〜22日(日)10:00〜18:00
会場:ギャラリーA・B 入場無料
お菓子屋さん4社のご協力のより和菓子とクラフトの作品を使い
コーディネートを提案する展示会を開催します。

◆メインコーディネート
テーマに合わせてテーブルと壁や床に作品を配置し提案します。
◎子供と楽しむお茶会
◎和菓子でほろ酔いパーティー
◎和菓子でコーヒーブレイク

◆サブコーディネート
メインコーディネートのほかに気節を感じさせるコーディネートにする事で、
お菓子を引き立てる展示をします。 季節を6つに分けて展開します。
◎1月迎春、 3月ひな祭り、5月端午の節句、  7月七夕、9月重陽の節句(月見)、12月クリスマス

◆個人展示
個人展示におきましてもお菓子を使用した展示をいたします。
石川県クラフトデザイン協会会員展 「和菓子と出会ういしかわのクラフト」展



生誕150年記念
アルフォンス・ミュシャ展
〜アール・ヌーヴォーの時代精神〜

2011年5月28日(土)〜6月23日(木)10:00〜18:00
会場:ギャラリーA・B
入場料:一般1,200円、大学・高校生1,000円、中学生以下800円
アール・ヌーヴォーを代表するチェコ出身の画家、アルフォンス・ミュシャが、
2010年に生誕150年を迎えたことを記念する展覧会を金沢で開催します

1860年にオーストリア帝国の南モラヴィア地方(現在のチェコ)で生まれたミュシャは、ウィーン、ミュンヘンで絵を学んだ後、28歳のときにパリに移ります。1895年に舞台女優サラ・ベルナールの芝居のために制作したポスターが話題を呼び、以後彼は民族衣装や装飾品に身を包んだ女性を植物文様の中に描いたポスターを多数制作しました。

しかし、彼は人気絶頂のさなか1910年に故国に戻り、1939年に没するまで、スラブ民族の歴史を題材とした壮大なスケールの作品を数多く制作しました。現在、ミュシャの名は、19世紀末に世界的に流行した「アール・ヌーヴォー様式」の代表人物として位置づけられています。

本展は、彼の祖国チェコをはじめ、フランスの美術館からの出展の他、日本で最も多くのミュシャ作品を所蔵する堺市の所蔵品で構成するもので、初期の油彩画、水彩画から華麗な代表作やポスター作品などに加え、晩年のチェコにおける作品まで、ミュシャの全貌を俯瞰できる展覧会です。草花に囲まれ、美しい衣装に身を包んで佇む女性たちの姿は、女性美の極みの一つと言えるでしょう。

2010年4月からスタートした本展は、この金沢展が最終会場となります。また、金沢21世紀美術館としいのき迎賓館の2会場を使用した展覧会は本展が初となります。
ぜひこの機会に、19世紀末のパリに花開き、祖国をこよなく愛した画家ミュシャの世界をお楽しみください。


◆チケットのお求め:北國新聞チケットセンター 076-260-8000
※前売り券は各200円引き  ※団体(20名以上)は前売り料金の200円引きです。
◆お問い合わせ:ケィ・シィ・エス 076-224-4141
生誕150年記念 アルフォンス・ミュシャ展 〜アール・ヌーヴォーの時代精神〜



一般主催展

「鼎」展

2011年6月29日(水)〜7月3日(日)11:00〜18:00
会場:ギャラリーB   入場料:無料
九谷焼伝統工芸士3名による展示発表会です
グループ鼎は2009年に九谷焼伝統工芸士(宮本直樹 山本篤 中村重人)により、全く個性と分野の違う3名で切磋琢磨する目的で結成されました。
宮本直樹は、全国的にも珍しい陶彫作家であり彫刻家でもあります。山本篤は独自の調合で完成させた黄磁釉、青白磁釉を主としており九谷焼としては異色の本窯仕上げによる作品が主体です。又、宮内庁から依頼を受け、これまでに数多くの作品を納入しております。中村重人は九谷焼本来の色絵を追求し、生活に潤いと癒しを提供できる作品作りに努めております。今回の展示は2009年のNHK金沢放送局のハートギャラリーに次いで2回目の発表会となります。是非ご覧ください。
「鼎」展



第32回 北陸佛像彫刻・佛画教室展

2011年7月1日(金)〜7月3日(日)
9:00〜17:00(最終日は16:00までです)
会場:ギャラリーA   入場料:無料
紺綬褒章を受章した、仏師 斉藤侊琳工房会員による作品展です
仏師 斉藤侊琳工房会員による、伝統的な佛像等を題材とした佛像彫刻・佛画を展示します。佛像彫刻・佛画制作への興味と理解を得るため、毎年一回(富山、金沢で交互開催)一般公開し、今回の作品展は32回目となります。
「仏像彫刻」・「仏画」はより豊かな人間性や、安らかな心を得るためのものとしては、格好のものと言えます。
完成時の喜びもさることながら、製作中の作業そのものが、楽しみであるとともに、美的感覚や手先、腕等の働きも同時に養われていくことから、「仏像彫刻・仏画は、心身の両面を高める理想的な生涯学習」であると言えます。
どうぞ皆様も、「仏像彫刻」・「仏画」に親しんでみてください。



イベント案内

しいのきコンサート

会場:しいのきプラザ
石垣を眺めながら生演奏をお楽しみください。

◆2011年5月3日(火・祝)①13:00〜  ②15:00〜
出演者:赤尾明紀(フルート)、鈴木敬(ピアノ)

◆2011年5月4日(水・祝)①13:00〜  ②15:00〜
出演者:鈴木敬(ピアノ)

◆2011年5月5日(木・祝)①13:00〜  ②15:00〜
出演者:大徳美幸(サクソフォン)、富田祥(チェロ)、石富絵里(ピアノ)

◆2011年5月8日(日)①13:00〜  ②15:00〜
出演者:亀井惠(マリンバ)

◆2011年5月15日(日)①13:00〜  ②15:00〜
出演者:Bebe Origin(アカペラ)

◆2011年5月29日(日)
出演者:ピアノデザンジュ

◆2011年6月12日(日)
出演者:辰巳千代子(ピアノ)

しいのきコンサート




ラ・フォル・ジュルネ金沢2011
吹奏楽の日

2011年5月1日(日)
会場:石の広場(雨天時:本多の森ホール)  入場料:無料
金沢の町いっぱいにブラスの響き!これぞLFJKオリジナル!
ゲストに陸上自衛隊中央音楽隊を迎え、県内有名吹奏楽団体、県警音楽隊、金沢市消防音楽隊の演奏をお楽しみいただきます!緑地いっぱいに響き渡るブラスの音を聞きにきてください! 
ラ・フォル・ジュルネ金沢2011 吹奏楽の日”




いしかわシティカレッジ「石川県の市町」

2011年4月16日(土)〜7月30日(土)
シティカレッジ「石川の市町」興味のある回のみの参加も可能!
毎回、石川県内の市長・町長等が講師となり、それぞれの市・町の特徴や課題、ユニーク な地域おこしの取り組みなどについて講義します。
お気軽にご参加ください!

●4月16日(土)〜7月30日(土)毎週土曜日の午前(10:30〜12:00) (5/7、6/4を除く)
●まちづくりに関心のある方にお勧め!
(直接講義に参加してください)
いしかわシティカレッジ「石川県の市町」




しいのき迎賓館主催企画展・イベント等に係わるボランティア募集について

出店期間:2011年4月29日(金・祝)〜5月8日(日)
場所:しいのき迎賓館 石の広場
しいのき迎賓館では、活動をサポートしていただくボランティアの方々を募集しています。
活動への参加は事前登録制となっておりますので、下記の要項をお読みの上、登録手続きを行ってください。登録は随時受け付けています。

●登録者の条件
・しいのき迎賓館の活動に関心のある方
・人と接することが好きな方
・FAXまたはEメールにて連絡が取り合える方
・高校生以上の方
・責任とやる気を持って活動に参加できる方
・活動への参加は原則無償を了承できる方

●活動内容
・迎賓館主催企画展に係わるボランティア
・迎賓館主催イベントに係わるボランティア
・その他のボランティア

●参加方法
上記「登録者の条件」に合致する方は、「ボランティア登録カード」に必要事項を記入の上、ご持参いただくか、FAXまたは郵送にてご提出ください。(ボランティア登録カードは下記よりダウンロードできます。)
登録終了後、FAXまた当サイト内の「ボランティア募集・お知らせ」にて告知いたします。
ボランティア登録そのものには定員はありませんが、活動内容により定員を設ける場合がございますので、募集要項をご確認ください。
・提出後1週間程度で登録作業が行われ、その後の活動の案内を随時お届けします。
・提出されますと、自動的にボランティア活動保険に加入します。(費用は迎賓館が負担します)。
・案内に記載されている活動内容への興味や関心に合わせてご参加ください。
・登録は毎年度末に更新いたします。

●問い合わせ・ボランティア登録用紙送付先
〒920-0962 石川県金沢市広坂2-1-1
しいのき迎賓館 ボランティア登録係
TEL.076-261-1111  FAX.076-261-1115
E-mail info@shiinoki-geihinkan.jp

ボランティア登録カードダウンロードはこちら >>



周辺イベント情報

いもり堀ライトアップ

点灯開始は2010年4月9日より。日没〜午後10時まで
金沢城公園のいもり堀側石垣では、新たに復元された鯉喉櫓(りこうやぐら)台石垣のほか辰巳櫓台下からいもり坂入口まで連なる石垣が、夜間に美しくライトアップされます。しいのき迎賓館からは、夜空に浮かぶダイナミックな城郭遺構がご覧いただけます。
いもり堀ライトアップ





文化事業について

しいのき迎賓館では、石川県の新たな賑わい拠点として、「文化の森」に相応しい企画事業(文化事業)を実施していきます。

館内のギャラリー・しいのきプラザ、屋外の石の広場・広坂緑地にて、様々な企画展示およびイベントを開催します。


◇ギャラリーでの企画展示では、「県民・観光客の双方が興味深く“見る”ことができる」「特に“新しい動き”、“石川らしさ”に着目する」ことを基本コンセプトとします。 


◇しいのきプラザ、石の広場・広坂緑地でのイベントは、「賑やかさを演出し、周辺との回遊性を高める」「地域の商店街や各種団体、企業、大学生等とも連携し一体で取り組む」を基本コンセプトとします。

文化事業の開催、貸室の利用に関するお問い合わせは、しいのき迎賓館事務室(Tel:076-261-1111、E-mail:info@shiinoki-geihinkan.jp)まで。


ページのトップへ ↑
県民文化振興課からのイベント案内